喜友名、染谷、女子団体形チームが決勝進出!プレミアリーグパリ大会2日目

1月26日から開催されている「KARATE1プレミアリーグ・パリ大会」。大会2日目の27日は、8種目の予選と敗者復活戦が行われ、日本選手団は3選手、1チームが28日の決勝に駒を進めた。

男子個人形では、喜友名諒が5試合全てで5ー0で勝利し貫禄の決勝進出。新馬場一世との日本人対決となった準決勝では、間違いなく世界トップの2選手による演武に、観衆から大きな拍手が送られた。

また女子団体形では、清水那月・小川彩月・梅景唯の剛柔チームが自費参加。積極果敢な世界への挑戦で急成長を見せる3人が、決勝進出を果たした。

組手でこの日唯一決勝進出を果たしたのが女子-68kgの染谷香予。初戦こそ硬さが見えたものの、試合を経るごとに持ち味を発揮。準決勝では、2016年の世界選手権銀メダリストのペデルセン(デンマーク)に5ー0と圧勝した。

また注目の男子組手-84kgの荒賀龍太郎は、準決勝でライバル・ザビオラに3ー3の先取負け。3位決定戦へ回る。そして女子組手+68kgの植草歩はまさかの初戦敗退。悔しい結果となった。

【大会2日目の結果】
女子団体形:清水那月・小川彩月・梅景唯 決勝進出
女子組手-61kg:森口彩美 3回戦敗退
女子組手-61kg:染谷真有美 1回戦敗退
女子組手-68kg:染谷香予 決勝進出
女子組手-68kg:菊池瑞希 3回戦敗退
女子組手+68kg:植草 歩 1回戦敗退
女子組手+68kg:川村菜摘 3位決定戦へ
男子個人形:喜友名諒 決勝進出
男子個人形:新馬場一世 3位決定戦へ
男子組手-84kg:荒賀龍太郎 3位決定戦へ
男子組手-84kg:石塚将也 2回戦敗退
男子組手+84kg:香川幸允 1回戦敗退

★結果詳報は2月23日発売のJKFan4月号にて