【45回全日本1日目】京都ついに10連覇!千葉も連覇達成!

今年の空手道日本一を決める「第45回全日本空手道選手権大会」、大会初日の9日は、東京武道館(東京都千代田区)において、都道府県対抗の組手団体戦が行われた。

注目の男子は、京都府が優勝し、これでなんと10連覇の偉業を達成。決勝では、初の決勝進出となった山梨県を、先鋒・荒賀慎太郎、次鋒・中野壮一朗、副将・中島啓太の3人が勝ち星を奪い、3ー1で退けた。

一方女子では、連覇を狙う千葉県と、初優勝を狙う福岡県が決勝で対戦。千葉県が、先鋒の植草歩、大将の多田野彩香がともに逆転勝ちをし、2ー1で勝利。2年連続3回目の優勝を果たした。

10日は、個人戦の男女組手形の4種目が行われる。

★10日も本サイトで速報を実施中!
http://www.karatedo.co.jp/prompt_report

【結果】
男子組手団体戦[優勝]京都府[準優勝]山梨県[第3位]神奈川県/千葉県
女子組手団体戦[優勝]千葉県[準優勝]福岡県[第3位]兵庫県/神奈川県