女子団体形帝京チーム、山本寛斎イベントで特別演武!

6月9日、東京・六本木ヒルズアリーナにおいて開催された「日本元気プロジェクト2018『スーパーエネルギー!!』」にて、空手道全日本ナショナルチームの帝京大学チーム・平紗枝、武儀山舞、石橋咲織の3選手が形演武を行った。

デザイナーの山本寛斎が監督・総指揮を執り開催されたこのイベント。各界の著名人や財界人などが協力し、革新的な芸術表現で日本の美・日本の文化などを発信している。
この日は、六本木ヒルズアリーナでメインイベントである2度のライブショーを実施した。

空手道の3選手は、オープニングで特別団体形演武を披露した。試合道衣に寛斎オリジナルのメイクを施した3選手は、勝負形であるウンスの形と分解を演武。ショーアップされたステージで躍動する3選手の演武は、場内を異空間にひきこみ、演武後には大きな拍手が沸き起こった。


寛斎オリジナルのメイクで特別演武を行なった武儀山舞、平紗枝、石橋咲織の3選手。


3選手の素晴らしい演武に、拍手喝采。


デザイナーの山本寛斎が監督・総指揮を執り、各界の著名人が参加。