読売新聞社制定『第68回日本スポーツ賞』 、植草歩が受賞!

1月11日、ウェスティンホテル東京において「第68回日本スポーツ賞 第3回日本パラスポーツ賞」の表彰式が行なわれた。 毎年、スポーツ界で最も活躍した選手やチームを表彰する日本スポーツ賞は、読売新聞社が制定。今回、日本スポーツ賞には各競技団体から24名の選手、22チームが推薦を受け表彰された。

空手道からは、競技団体別最優秀賞として、女子組手の植草歩選手(JAL)が全日本空手道連盟からの推薦を得て受賞した。植草選手は2018年、KARATE1プレミアリーグでは3大会で金メダルを獲得し、日本人史上初となる2年連続のプレミアリーグ年間王者に輝く快挙を達成。さらに11月の世界選手権では個人・団体の2種目でメダルを獲得、8月にはアジア競技大会で優勝と、年間を通じての活躍が著しく、この度の受賞となった。