【JKF情報】世界ジュニアカデットアンダー21大会 日本、金10の史上最多メダル獲得

10月25日~29日、スペイン・テネリフェにおいて開催された「WKF第10回世界ジュニア&カデット・アンダー21空手道選手権大会」。本大会史上最多の107の国と地域から、延べ1694選手のエントリーがありました。

14歳~20歳までの世代の世界最高峰の大会である本大会。日本選手団は、33名の選手がエントリーし、金メダル10個、銀メダル1個、銅メダル7個の合計18個のメダルを獲得しました。今大会の参加国中で最多、また過去10回の本大会で日本選手団史上最多の金メダル獲得数という、歴史的な好成績を残しました。

■日本選手結果
【アンダー21】金3銀0銅2
女子個人形:宇海水稀 4回戦敗退
男子個人形:山中望未 銅メダル
女子組手-50kg:安住早代 銅メダル
女子組手-55kg:片山花女 4回戦敗退
女子組手-61kg:尾立佳菜子 3回戦敗退
女子組手-68kg:菊池瑞希 5位
女子組手+68kg:杉本りさ 金メダル
男子組手-60kg:小崎友碁 金メダル
男子組手-67kg:中野壮一朗 金メダル
男子組手-75kg:崎山優成 2回戦敗退
男子組手-84kg:江藤純哉 1回戦敗退
男子組手+84kg:谷沢元輝 11位

【ジュニア】金3銀0銅3
女子個人形:森本莉菜 金メダル
男子個人形:舟田葵 金メダル
女子組手-48kg:田畑梨花 3回戦敗退
女子組手-53kg:島愛梨 銅メダル
女子組手-59kg:坂地心 4回戦敗退
女子組手+59kg:澤江優月 2回戦敗退
男子組手-55kg:山岡政稀 銅メダル
男子組手-61kg:南友之輔 銅メダル
男子組手-68kg:池澤海 2回戦敗退
男子組手-76kg:空閑翔大 2回戦敗退
男子組手+76kg:嶋田力斗 金メダル

【カデット】金4銀1銅2
女子個人形:大内美里沙 金メダル
男子個人形:日比裕太 銀メダル
女子組手-47kg:天本菜月 2回戦敗退 
女子組手-54kg:中川麻鈴 2回戦敗退
女子組手+54kg:澤島さくら 金メダル 
男子組手-52kg:堺健太 金メダル
男子組手-57kg:谷口暁理 銅メダル
男子組手-63kg:内野翔太 金メダル
男子組手-70kg:片岡大樹 銅メダル 
男子組手+70kg:崎山慶成 3回戦敗退