第2回清洲城信長杯争奪空手道大会初日結果(団体組手戦)

12月23日、年末恒例の高校錬成大会「第2回清洲城信長杯争奪空手道大会」の初日が愛知県清洲市の清須市勤労福祉会館(ARCO清洲)にて開催され、北は北海道、南は広島県より52の高校が参加し団体組手競技が行われた。
男子団体組手は、静岡県の御殿場西が福井工業大学附属福井を3ー2、女子団体組手は同じく静岡の御殿場西が大阪学芸を3ー2と、ともに大接戦の末、男女アベック優勝を果たした。上位入賞校の結果は以下のとおり。
大会レポートは、24日の個人組手戦とともに新年1月23日発売の3月号に掲載予定。

第2回清洲城信長杯争奪空手道大会(団体組手戦)
(2018年12月23日 ARCO清洲)

《組手》
◆男子団体[優勝]御殿場西(静岡県)[準優勝]福井工業大学附属福井(福井県)[第三位]大阪学芸(大阪府)/松商学園(長野県)
◆女子団体[優勝]御殿場西(静岡県)[準優勝]大阪学芸(大阪府)[第三位]東大阪大学敬愛(大阪府)/静岡理工科大学静岡北(静岡県)

永田純夫・清洲市長の祝辞

糸川まさあき・全日本空手道連盟理事の祝辞

男子団体組手優勝・御殿場西(静岡県)

女子団体組手優勝・御殿場西(静岡県)

男子団体組手準優勝・福井工業大学附属福井(福井県)

女子団体組手準優勝・大阪学芸(大阪府)

女子団体組手決勝、大将戦で上段蹴りを2本決めた御殿場西の倉井凜

男女アベック優勝を果たした御殿場西の皆さん