【全日本大学コラム】荒賀龍太郎率いる京産大優勝、全試合無敗の頂点は、必然の勝利

第60回全日本大学空手道選手権大会男子組手。決勝では4連覇に王手をかけた近畿大学を、伏兵・京都産業大学が3ー0、前の3人で勝敗を決め日本一を手中にした。

京産大が優勝を決めた前日の2016年11月19日、日本武道館において第60回全日本学生の予選が行なわれていた。
男子団体組手2回戦に、山梨学院大学と京都産業大学が戦っていた。京産大監督はリンツの世界選手権にて世界一に輝いたばかりの荒賀龍太郎。荒賀が率いる京産大は、先鋒から大将まで全て”ミニドラゴン”…つまり荒賀のコピーなのだ。完璧なタイミングと試合運び、確実にポイントを稼ぎ5-0で次の日へと駒を進めたのである。

そして翌日の11月20日、日本武道館決戦。京産大は3回戦の佛教大、4回戦の立教大、準々決勝の駒澤大と3-0。そして準決勝は、東日本の覇者・国士舘にさえも3-0で決勝進出。一方、4連覇を狙う王道の近大も、ファイナル進出。

誰もが、全日本学生1位、2位をの船橋、西村を擁する近大が、4連覇するものと確信していた。しかし、先鋒戦は釜口(京産) vs 石濱(近大)は、、3ー2で京産1勝、次鋒戦、大西(京産) vs 船橋(近大)は、シーソーゲームの末に2-1で京産2勝目。中堅戦、吉村(京産) vs 葭矢(近大)は、勝ちを取りに来た葭矢に吉村がカウンターを合わせ5-0で京産3勝。京産大がストレートで3-0。副将、大将を残して日本一を決めた。

主将の大西は、決勝戦前、荒賀監督から「前で決めろ」といわれたという。その3人が立て続けに3勝。見事、近大を下したのである。終わってみれば、”ミニドラゴン”たちの組手が、王道の組手に変わっていた。初戦から決勝まで、1人も負けていないのである。

スピードが違う。間合いが違う。試合運びが違う。『荒賀マジック』は大学空手を変えてしまったのかもしれない。

写真
優勝した京産大の選手たちと、メンバーを率いた荒賀龍太郎監督(左端スーツ姿)