【PR】新刊書 唯心論的医学の誕生 奇跡的治癒を起こす方法

チャンプの新刊書
唯心論的医学の誕生 奇跡的治癒を起こす方法


高知大学医学部臨床教授
うしおえ太陽クリニック院長 野中一興

がん、難病の患者さんに希望を与えたい。


保江邦夫氏(元ノートルダム清心女子大学教授)推薦
推薦の言葉
「とある学会で野中先生と会い奇跡的治癒について私の理論を説明しました。
今回、奇跡が起きる医学的なメカニズムを説明したこの本を興味をもって読ませていただきました。
この本、推薦いたします。」


著者・野中一興 略歴
高知県生まれ。高知医科大学卒業。
同大卒後、内科・外科・整形外科研修を重ねる中で現代医学の限界を感じる。
栄養学を学び米国の様々な医療機関を訪ね治療法の研究を重ねる。
2006年、点滴療法でがん治療を始める。同時に精神療法を学び始める。
シアトルのウイークス医師からIPT療法を学ぶ。
現在は精神療法と点滴療法、IPT療法を使って患者の治療にあたり、現代医学と精神療法、現代科学と宗教のつながりを研究している。

著者「はじめに」より
私は、整形外科や内科中心に患者さんを診ながら、統合医療の学会研究会に所属し、臨床研究を行っている医師です。

三十年近くも医師をしていると不思議なことを多々経験します。それは医学的には納得のいかないことですが、重篤な患者さんが奇跡的に治癒してしまったという経験です。
医学的には治るわけがなく、あとは統計的にも死を待つばかり(いわゆる余命宣告をされた)の患者さんが、回復して治癒してしまうことを実際に目の前で何度も見てきました。
私は、医師になって経験してきたこの「奇跡的治癒」についてここ数年ずっと研究してきました。奇跡的治癒は「治癒」の一部なので「治癒」の研究とも重なります。この本は、その「奇跡的治癒」がどのように起こるのか、そのメカニズムを、現時点の研究成果としてまとめたものです。

本書の主な内容
「がん、難病」と言われ、余命宣告された患者さんが奇跡的に治癒する事例を研究。
どのようにすれば奇跡的な治癒(ちゆ)を起こせるのかを解き明かす。

第1章  研修医時代の私

第2章  ヒーリングが起こす奇跡について

第3章  外科の先輩

第4章  治癒をもたらす脳と体の働き

第5章  医療気功と医療ヒーリング

第6章  病気とストレス

第7章  点滴療法と奇跡

第8章  現代医学の限界

第9章  奇跡を起こした人たち  

第10章  心と体について

第11章  奇跡を起こすために

登録情報
単行本(ソフトカバー): 304ページ
判型:四六版

ISBN-10: 4763136011
ISBN-13: 978-4763136015
発売日: 2017/6/30

【CHAMP ONLINE】【CHAMP ONLINE Yahoo店】で販売中