Previous Image
Next Image

info heading

info content


第23回世界空手道選手権大会 大会情報

大澤美諭季一日署長就任!

明治大学時代に学連を制覇し、実業団で輝かしい成績を納めている大澤美諭季選手が神奈川県の横浜水上警察署で「一日警察署長」を務めた。

警察音楽隊によるミニコンサートのほか、カラーガードによる防犯の歌を披露するなど、被害を未然に防止するよう注意を呼びかけた。

Read more…

空手の夢今回もかなわず

空手に関わる全ての人にとっての夢がオリンピック採用だが、本日13日にドイツで行われた総会により2016年大会での空手の落選が決まった。採用候補はゴルフと7人制ラグビー。これにより2016年での採用は無くなったが、また2020年に向け空手界全体で邁進したい。

永木伸児 総合優勝 10回松涛連盟

内閣府認証NPO法人 日本空手松涛連盟
創立10周年記念 第十回全国空手道選手権大会 全国車椅子空手道選手権大会 全国小中高空手道選手権大会が平成21年8月1日(土)・2日(日)、東京代々木の第2体育館で開催された。男子個人形、個人組手ともに、総本部指導員の永木が大学生や強豪社会人を押さえ優勝。総合優勝を遂げた。

Read more…

空手協会・小中学生、最大級の熱戦!

日本空手協会に学ぶ小中学生にとって最高最大のステージである「文部科学大臣杯・小学生・中学生全国空手道選手権大会」が第52回を迎え、静岡県袋井市エコパアリーナにて開催。参加人数も3000人を超え、応援者も多く、初日早朝5時には入場を待つ列ができ始めるという開会式前から盛り上がりを見せていた。

Read more…

団体は日本が制す!第10回SKIF世界大会

10TH SKIF WORLD CHAMPIONSHIPSが7月23〜26日ギリシャのアテネで行われた。日本からはジュニアを含め32名の選手が参加、世界67ヶ国が覇権を争った。男子個人形では昨年の全国覇者 林剛玄選手が貫禄の優勝。また、女子個人形でも全国王者の小松恵美が優勝した。

Read more…

梶川凜美ついに初優勝!!

関西、関東と開催地が交代して行われる糸東会の全国大会。本年度は関東で開催。8月1日土曜日、東京都足立区綾瀬・東京武道館に全国から精鋭たちが集結した。午後1時に開会式典が開催され、2時から10コートに別れ一斉に競技が開始された。

Read more…

空手大会情報

  • 2017年7月1日
    第51回東日本実業団空手道選手権大会
    東京武道館
  • 2017年7月2日
    第61回全日本学生空手道選手権大会
    舞洲アリーナ
  • 2017年7月10日〜17日
    第14回アジア空手道選手権大会
    カザフスタン・アスタナ
  • 2017年7月10日〜17日
    第16回アジアジュニア&カデット空手道選手権大会
    カザフスタン・アスタナ
Top