Previous Image
Next Image

info heading

info content


空手道部が舞台の小説登場!

大学の動物学科に通い、空手道部1年生の「高田トモ」が主人公の小説「動物学科空手道部1年高田トモ!」が双葉社より発売された。

作者の片川優子(かたかわ・ゆうこ)さんは獣医学部所属の現役大学生。そして、空手道部で主将を務めている。中学生の時に書いた小説が文学賞を受賞し作家デビューして以来、青春時代の気持ちをありのままに描いた小説で人気を呼んでいる。

Read more…

アーナン修得への道がついに開かれた

世界中で行われながらもその難易度の高さから修得が困難とされたアーナン。今回過去チャンプより発売された「劉衛流空手 形全集」をスタッフが総力を上げて見つめ直し、「劉衛流空手 形全集 改訂版」が完成した。新たに足形や連絡動作の写真・腕の動きの軌道 等を加え、入門形ニーセーシーよりアーナンへ段階的、体系的にアーナン修得を目指す。

Read more…

糸東流空手形全集 第3巻

糸洲安恒、東恩納寛量の二大巨匠の流れを継承する糸東流。本書では首里手(糸洲系)の形からは「十手」「慈恩」「慈允」と、そしてその最高峰の形「五十四歩」、また那覇手(東恩納系)の形からは十三(セイサン)、シソーチン(師壮鎮)と、その最高峰と言われる「スーパーリンペイ(壱百零八)」を収録。

Read more…

熊本で国際大会開催!5ヶ国から少年拳士集結

2月22日、熊本県芦北町で、第10回芦北うたせ杯ジュニア空手道国際親善大会が行われた。

なんとこの大会、第10回目にしてアメリカ、ロシア、ニュージーランド、イタリア、オーストリアから選手を招聘し、国際親善大会と銘打った世界大会を実施したのだ。

Read more…

全空連セミナー(剛柔・和道)に120名参加!

2月22日、東京・江東区東砂スポーツセンターにて、全空連セミナー(剛柔・和道)が開催され、東北や九州などから約120名が参加した。今回は剛柔に塩見明講師・村松真孝講師、和道に荒川通講師・前田利明講師の4名が指導に当たった。

Read more…

矢野朱美もはや九州で無敵か。17ハイテク旗

宮崎の座論梅大会に続く九州錬成2段目大会、「第17回国分ハイテク旗空手道錬成大会」が鹿児島県の霧島市で行われた。高校の部では宮崎第一、鹿児島城西、鹿児島第一、熊本マリストの選手や、出身道場からの参加で長崎佐世保東や東福岡、大分柳ケ浦など、全国でも名だたる選手が集まった。

Read more…

空手大会情報

  • 2017年12月9日
    内閣総理大臣杯 第45回全日本空手道選手権大会(団体戦)
    東京武道館
  • 2017年12月10日
    天皇盃皇后盃 第45回全日本空手道選手権大会(個人戦)
    日本武道館
  • 2017年12月25日〜27日
    第25回河北杯争奪全国高等学校空手道選手権大会
    宮城県・宮城野体育館
Top