第52回東日本実業団空手道選手権大会が開催されました。

6月30日、第52回東日本実業団空手道選手権大会が、東京武道館大武道場で開催されました。

開催にあたり、全日本実業団空手道連盟会長を務められた故山田治義先生と同連盟加盟団体の株式会社タカギセイコーの代表、故織田一利先生に黙祷が捧げられました。
来賓の笹川堯全空連会長が選手を激励。
選手宣誓は、前年度の形競技マスターズ男子個人戦で優勝した秋永弘選手(NTT東京)が行いました。
団体形競技は、高栄警備保障が昨年に続き優勝。
組手競技男子団体の決勝戦は、警視庁Aとリバイブルの戦いになりました。2対2で大将戦にもつれ込んだ激闘を警視庁Aが制しました。
JKFan9月号(7月23日発売)でご紹介いたします。