開祖
摩文仁 賢和
1889年
(明治22年)
11月14日沖縄県首里市に生まれる。
1903年
(明治36年)
14歳の頃、首里手の大家、糸洲安恒先生に正式に入門。
1908年
(明治41年)
19歳の時、宮城長順の紹介で東恩納寛量先生に那覇手を学ぶ。
(中学卒業後は警官となり、琉球古武道の棒術・釵術・添石流棒術等を修得。)
1915年
(大正4年)
26歳の時、糸洲、東恩納両先生から空手の免許を授かる。
1916年
(大正5年)
27歳の時、自宅で道場を開設。
1918年
(大正7年)
「唐手研究会」設立。後に「沖縄空手研究倶楽部」に改組。
1929年
(昭和4年)
4月41歳の時、大阪に居を移し、西成区鶴見橋通りに道場を開設。
空手の普及に務める。
1934年
(昭和9年)
大阪に空手道場「養秀館」を開設。
これを契機に糸洲・東恩納両先生の頭文字を取って「糸東流」を名乗る。
1939年
(昭和14年)
3月大日本武徳会へ「糸東流」を登録。
7月大日本武徳会より「空手術錬士」の称号を授与される。
1952年
(昭和27年)
5月23日逝去。享年63歳。


二代目宗家
摩文仁 賢榮
1918年
(大正7年)
2月13日糸東流開祖・摩文仁賢和の長男として、沖縄県首里市に生まれる。
幼少の頃より父、賢和に空手道の教えを受ける。
1945年
(昭和20年)
終戦後、賢和と共に空手道の修行、指導に当たる。
1952年
(昭和27年)
5月23日摩文仁賢和逝去。それに伴い糸東流宗家二代目を継承。
1962年
(昭和37年)
空手道の指導の為にメキシコへ出向く。
以後、グアテマラ、ホンジュラス、ロサンゼルス等、世界各国へ指導に行く。
1972年
(昭和47年)
(財)全日本空手道連盟一級資格審査員となる。
1984年
(昭和59年)
1月15日日本武道協議会より武道功労賞を授与される。
1993年
(平成5年)
3月17日世界糸東流空手道連盟設立。総裁に就任する。
2015年
(平成27年)
12月19日逝去。享年97歳。


三代目宗家
摩文仁 賢雄
1951年
(昭和26年)
6月4日糸東流宗家賢榮の長男として大阪市西区で生まれる 生後間もないころより、祖父賢和や父に連れられ旭区生江町の道場での空手の稽古している横で育てられる。
3歳頃より父2代目宗家賢榮より港区市岡の自宅で空手の手解きを受ける。
市岡小学校時代に従兄とともに道場での稽古に励む。
琉球古武道の釵(サイ)・棍も港南中学校時代より、また九鬼神流棒術も大手前高校時代より父賢榮より手解きを受ける。
また、高校時代空手同好会の創立にかかわるも流派の相違により父の了解を得られず高校での空手の活動は断念する。
名古屋工業大学・東京工業大学大学院での学究生活のため親元をはなれ、一時空手は自主稽古が中心となる。
1979年
(昭和54年)
東京工業大学院修了で修士号を得、コンサルタント会社に勤務。
コンサルタント時代での海外勤務を通じて諸外国での空手に対する活況や空手への熱意に触れ日本での空手の活動(稽古・指導)を再開する。
1999年
(平成11年)
ドイツ・ハンブルグでのコンサルティング指導時代に現地で空手の指導を行 う。
2000年
(平成12年)
コンサルテント会社を辞め独立。
業務の傍ら父賢榮より空手と同時に合気道の稽古を受ける。
2004年
(平成16年)
中学生や小学生の空手指導も八王子の自宅にて本格的に開始。全小チャンピオンや中学生・高校生の全国大会上位入賞者を輩出。
2008年
(平成20年)
自宅のある八王子の空手道連盟に入会、同時に都空連・全空連にも入会。
流派を超えて空手の指導(主に形競技)も行う。
古来よりの空手の技術の伝承とともに競技としての空手道にも関わり、若手の空手家の育成に努める。
また、国内はもとより海外での指導も伝統空手道に限らず、競技空手の指導も行い競技レベルの向上に寄与している。


元会長
岩田 万藏
1924年
(大正13年)
2月9日東京都北区滝野川に生まれる。
1930年
(昭和5年)
この頃より柔道・剣道・合気道などを始める。
1941年
(昭和16年)
東洋大学入学。空手部に入部し、摩文仁賢和先生に出会う。
1943年
(昭和18年)
甲賀流忍術第14世・藤田西湖先生より大円流杖術宗家伝承を受ける。
1944年
(昭和19年)
摩文仁賢和先生より、糸東流免許を授かる。
1948年
(昭和23年)
藤田西湖先生より南蛮殺到流宗家を認可される。
日本大学工科専門学校(現日本大学工学部)空手部師範となる。
1950年
(昭和25年)
東京都上野区池之端に練空館道場創設、指導にあたる。
1951年
(昭和26年)
東洋大学空手部師範となる。
1960年
(昭和35年)
日本空手道会東日本本部を創設、会長に就任。
1964年
(昭和39年)
全日本空手道連盟糸東会設立に伴い副会長に就任。
1969年
(昭和44年)
埼玉県空手道連盟副会長就任。(財)全日本空手道連盟技術審議員となる。
1972年
(昭和47年)
(財)全日本空手道連盟一級資格審査員となる。
1980年
(昭和55年)
田中栄一会長(78才)逝去に伴い糸東会会長就任。
1993年
(平成5年)
日本武道功労賞受賞。
1993年
(平成5年)
6月4日心不全により逝去。享年69歳


元会長
﨑尾 健
1922年
(大正11年)
1月2日東京都に生まれる。
1933年
(昭和8年)
この頃より剣道および柔道の稽古を始める。
1939年
(昭和14年)
東洋大学入学と同時に空手部に入部。本部朝基先生に師事する。
後に摩文仁賢和先生に師事、また沖縄に渡り宮城長順、知花朝信、城間眞繁三先生の指導を受ける。
1942年
(昭和17年)
大日本武徳会より錬士の称号を授与される。
1949年
(昭和24年)
この頃より摩文仁賢和先生の指導により道場を開設(現誠風館)。
清水谷・追手門等の高校の空手道部の指導にあたる。
1953年
(昭和28年)
関西大学空手道部等の後進の指導にあたる。
1969年
(昭和44年)
(財)全日本空手道連盟技術審議員となる。
1972年
(昭和47年)
(財)全日本空手道連盟一級資格審査員となる。
1992年
(平成4年)
日本武道協議会より武道功労賞が授与さる。
1993年
(平成5年)
6月岩田万蔵会長逝去に伴い、全日本空手道連盟糸東会会長・
世界糸東流空手道連盟会長に就任。
1994年
(平成6年)
(財)全日本空手道連盟 9段
2004年
(平成16年)
2月全日本空手道連盟糸東会名誉会長に就任
2009年
(平成21年)
2月全日本空手道連盟糸東会元老に就任
2012年
(平成24年)
6月4日 逝去。享年90歳。

久冨登喜雄
元会長
久冨 登喜雄
1929年
(昭和4年)
2月12日福岡県三井郡北野町に生まれる
1947年
(昭和22年)

4月、東洋大学専門部入学と同時に空手道部入部(S26年度主将拝命)

1953年
(昭和28年)
3月、東洋大学旧制文学部卒業
1953年
(昭和28年)
4月、久留米市立久留米商業高等学校教諭として奉職
1953年
(昭和28年)
10月、久留米市立久留米商業高等学校に空手道部創設・指導にあたる
1955年
(昭和30年)
11月、全九州学生空手道連盟(現九州の大学連盟の前身で当時は高校をも含む)から「高校の部」の独立にかかわり、代表幹事・審判長として組織の拡大充実に努め、「全九州高校空手道連盟」を確立、役員として活動
1958年
(昭和33年)
10月、福岡県高等学校空手道連盟を創設して第1回大会を実施、審判長・幹事長として組織の拡大・充実に努める
1959年
(昭和34年)
4月、全日本空手道糸東会久留米支部を創設
1968年
(昭和43年)
10月、福岡県空手道連盟創設にかかわり、会派代表として役員に名を連ね、常任理事の立場で活動
1978年
(昭和53年)
年度末、高校空手道部が九州高体連に加盟した後は発展的に役員を辞任し、後進の指導に専念する一方、全空連評議員・理事・常任理事を歴任し、中央技術本部常任委員・一級資格審査員・全国審判員・国際審判員として活動、また、糸東会役員としても行政・技術両面の指導的立場で活動し数多くの選手を輩出した。
1979年
(昭和54年)
3月、(財)全日本空手道連盟 8段
1989年
(平成元年)
3月、久留米市立久留米商業高等学校校長 定年退職
1992年
(平成4年)
3月、(財)福岡県体育協会 スポーツ功労章受章
1997年
(平成9年)
3月、(財)全日本空手道連盟 範士
1997年
(平成9年)
4月、福岡県空手道連盟会長に就任
1997年
(平成9年)
10月、全日本空手道連盟糸東会 範士
1999年
(平成11年)
6月、(財)全日本空手道連盟相談役に就任現在に至る
2000年
(平成12年)
1月、全日本空手道連盟糸東会 9段
2001年
(平成13年)
2月、全日本空手道連盟糸東会理事長兼会長代行に就任
2002年
(平成14年)
1月、武道功労章受章 日本武道館にて受章
2003年
(平成15年)
3月、福岡県空手道連盟会長退任
2004年
(平成16年)
2月、全日本空手道連盟糸東会会長に就任
2006年
(平成18年)
3月、(財)全日本空手道連盟 9段
2009年
(平成21年)
2月、全日本空手道連盟糸東会名誉会長に就任する
2013年
(平成25年)
8月27日逝去。享年84歳。

村田 寛
前会長
村田 寛
1936年
(昭和11年)
9月17日、埼玉県宮寺村(現入間市)に生まれる
1955年
(昭和30年)

3月、東京都立農林高等学校卒業
3月21日、故岩田万蔵先生に入門

1956年
(昭和31年)
7月、埼玉県宮寺村(現入間市)に奉職
1960年
(昭和35年)
6月1日、故岩田先生の許しを得て武蔵支部を創設。以後指導と自らの修練に努める
1969年
(昭和44年)
5月、埼玉県空手道連盟発足に参画する
1975年
(昭和50年)
9月、(財)全日本空手道連盟主催の地区・全国指導員講習会
講師及び審査員
1980年
(昭和55年)
10月、(財)日本体育協会上級コーチとなる
1983年
(昭和58年)
3月19日、埼玉県体育賞受賞
1992年
(平成4年)
12月、全日本空手道連盟糸東会 8段
1993年
(平成5年)
3月、(財)全日本空手道連盟 8段
4月、中央技術委員会委員就任
5月、全日本空手道連盟糸東会関東地区協議会会長に就任
7月、入間市空手道連盟会長に就任
1994年
(平成6年)
4月、全日本空手道連盟糸東会1級資格審査員となる
1996年
(平成8年)
3月、入間市定年退職
1997年
(平成9年)
3月、(財)全日本空手道連盟 範士
1998年
(平成10年)
4月、(財)全日本空手道連盟1級資格審査員となる
1999年
(平成11年)
8月、(財)日本体育協会マスター指導員となる
2001年
(平成13年)
3月、(財)全日本空手道連盟中央技術委員会委員退任
4月、埼玉県空手道連盟副会長に就任
11月、全日本空手道連盟糸東会 範士
2004年
(平成16年)
2月、全日本空手道連盟糸東会理事長に就任
2月、世界糸東流空手道連盟理事長に就任
2008年
(平成20年)
3月、入間市空手道連盟会長退任
2009年
(平成21年)
2月、全日本空手道連盟糸東会会長に就任
2月、世界糸東流空手道連盟会長に就任
3月、埼玉県空手道連盟副会長退任
2011年
(平成23年)
4月、(公財)日本体育協会マスタ−上級コ−チとなる
2014年
(平成26年)
2月、全日本空手道連盟糸東会 9段
2015年
(平成27年)
5月、(公財)全日本空手道連盟 9段

岩田源三
会長
岩田源三
1958年
(昭和33年)
10月6日埼玉県生まれ。幼少より父・岩田万蔵の元で空手を習う。
1982年
(昭和57年)

糸東会5段全空連5段取得

1988年
(昭和63年)
糸東会師範
1998年
(平成10年)
糸東会本部道場長
2000年
(平成12年)
糸東会技術本部長
2003年
(平成15年)
全空連評議員
全空連7段
日体協上級コーチ
2007年
(平成19年)
糸東会8段
2008年
(平成20年)
糸東会理事長
2009年
(平成21年)
全空連教士
2016年
(平成28年)
全空連中央技術委員
糸東会範士