芦北うたせ杯、第20回記念トップセミナー開催

2月17日(日)、この時期の恒例となった第20回芦北うたせ杯ジュニア空手道大会(主催:熊本県葦北郡空手道連盟、主管:芦北町海王塾スポーツクラブ)が、熊本県・芦北町町民総合センター(しろやまスカイドーム)にて開催されます。

20回という記念すべき大会となった今回、大会前日の16日(土)に芦北町トップアスリート合宿誘致事業の一環で、香川政夫・全日本空手道連盟選手強化委員長(帝京大学空手道部師範)によるトップセミナーが開催されました。セミナーには、渡邊大輔選手(第45回全日本空手道選手権大会男子個人組手優勝)、飯村吏毅哉選手(第46回全日本空手道選手権大会男子個人組手第3位)も講師として、また帝京大学空手道部の部員も補助講師として参加。約600名の参加者の技術の向上、また指導者・選手のコミュニケーションが図られました。