モロッコ代表が国士舘大学と合同練習

3月8日、モロッコ代表の選手3名が国士舘大学空手道部との合同練習を行い、形の選手2名が町田キャンパス(東京都町田市)で、組手選手の1名が多摩キャンパス(東京都多摩市)で、それぞれ汗を流した。

この合同練習は、外務省のスポーツ外交推進事業「Sport for tomorrow」の一環として行われたもの。
モロッコ代表の3選手は、3月1〜3日までオーストリアのザルツブルグで行われたシーリーズAの終了直後に来日し、3月6〜7日は帝京大学と、3月8〜10日までは国士舘大学と合同練習を行う。
今回参加したモロッコ代表選手は
男子形 ムハンマド・エル・ハニー選手(WKFランキング31位)
女子形 サナ・アガルマンム選手(WKFランキング24位)
女子組手-61kg サディニ・インピティサム選手(WKFランキング17位)

多摩キャンパスでは組手の合同練習が行われた。

町田キャンパスでは形の合同練習が行われた。

参加したモロッコ代表選手とコーチ。

亀山歩・空手道部監督と談笑するアシール・ベネイッサ・モロッコ代表コーチ。

※ランキングは3月8日現在のもの。