第4回ちゅら島杯高等学校空手道錬成大会(初日)開催

3月9日〜10日の2日間にわたり、沖縄県豊見城市の沖縄空手会館において第4回ちゅら島杯高等学校空手道錬成大会(主催:沖縄県高体連空手道専門部)が開催されています。

今年で4回目となった今大会は、今夏8月8日〜11日に開催される沖縄インターハイ(会場:名護市・21世紀の森体育館)を見据えて、沖縄県はもとより沖縄県外からの強豪校を招待し、参加校のレベルアップを目的に男女の団体組手戦が行われています。また、間近に迫った和歌山市での全国高校選抜大会(3月25日〜27日)へ出場する高校は、大会前の最終調整ともなっています。

9日は開会式に続き、男女団体組手の予選リーグ戦が行われ、
各リーグの1位チームと2位チームが、それぞれ明日10日の1位決定リーグ戦、2位決定リーグ戦に勝ち進みました。
1位決定リーグ戦、2位決定リーグ戦に勝ち上がった高校は以下の通り。

《1位決定リーグ戦出場校》
◆男子団体:高松中央(香川)/埼玉栄(埼玉)/兵庫工業(兵庫)
◆女子団体:高松中央(香川)/埼玉栄(埼玉)/城南学園(大阪)

《2位決定リーグ戦出場校》
◆男子団体:西原(沖縄)/浦添(沖縄)/美里工業A(沖縄)
◆女子団体:熊野(和歌山)/兵庫工業(兵庫)/沖縄尚学(沖縄)

また、9日の午前中には、九州高体連空手道専門部審判長の高橋誠先生(大分南高校)が講師となり、
審判講習会が行われ、大会参加審判員の技術向上が図られました。

大会レポートは、明日の1位決定リーグ戦、2位決定リーグ戦とともに3月23日発売の5月号に掲載予定。

開会式での上原源三・沖縄県高体連空手道専門部部長の挨拶

九州高体連空手道専門部審判長の高橋誠先生