2019年6月号の連載「先生の特別授業」は「山形県立南陽高等学校」の飛鳥康弘先生です。

3月19日(火)、連載「先生の特別授業」の取材で山形県南陽市の「山形県立南陽高等学校」を訪れました。

同校空手道部は、山形県出身で日本大学空手部で活躍した、飛鳥康弘先生が顧問を勤めています。
教員となった後、県立天童高校を経て南陽高校に赴任して26年目、飛鳥先生は空手未経験の部員が多い中、いかに短期間で部員達の空手力を上げるかをテーマに指導してきました。同校は間近に迫った和歌山で開催する全国高校選抜大会には、男子団体組手で出場します。飛鳥先生にご自身の空手歴、指導歴、指導法、今後の展望などをお聞きしました。
詳細は4月23日発売の「JKFan2019年6月号」に掲載します。