2019年7月号の連載「先生の特別授業」は「水戸女子高等学校」の日下田哲郎先生です。

4月16日(火)、連載「先生の特別授業」の取材で茨城県水戸市の「学校法人水戸女子商業学園 水戸女子高等学校」を訪れました。

同校空手道部は、栃木県出身で全日本空手道連盟糸東会の道場で空手道を始め、東洋大学二部体育会空手道部で研鑽を積んだ、日下田哲郎先生が顧問を務めています。
大学を卒業後、水戸女子高校に赴任して23年目、部員が少ないながらも基本から徹底的に指導し、これまでインターハイ・全国高校選抜・国体で活躍する選手を輩出してきました。途中、東日本大震災では校舎が被害を受け、部活の練習を思い通りにできない期間もありましたが、学校側の努力で短期間で再出発できました。同校は今春の全国高校選抜には出場は叶いませんでしたが、夏の沖縄インターハイ出場を目指して日々練習に励んでいます。

日下田先生にご自身の空手歴、指導歴、指導法、今後の展望などをお聞きしました。
詳細は5月23日発売の「JKFan2019年7月号」に掲載します。