連合会が坂上常任顧問と野上会長の九段位授与祝賀会並びに栗原常任顧問と佐久本常任理事の東京オリンピックの功績を称える宴を開催

日本空手道連合会の主催で5月28日、「坂上節明常任顧問 野上修一会長 (公財)全日本空手道連盟公認九段位授与祝賀会並びに栗原茂夫常任顧問 佐久本嗣男常任理事 東京オリンピックの功績を称える宴 」が大阪新阪急ホテルで開催されました。

4名の先生方へ、お祝いと感謝の拍手とともに、お祝い金・功労金が贈られました。
続いて団体・個人形の演武があり、世界大会男子団体形2連覇の喜友名諒・金城新・上村拓也の3選手によるオーハンダイ、東京2020オリンピック金メダリストの喜友名諒選手がアーナンを演武しました。
またオリンピックに出場した喜友名諒選手と、今井謙一コーチ、高橋和夫審判員、清水由佳オリンピック中継解説者が登壇し、「いまだから話せるここだけの話」としてオリンピックのエピソードを紹介、終始和やかな宴となりました。
詳細は、JKFan8月号(6月23日発売)に掲載します。


喜友名諒・金城新・上村拓也の3選手によるオーハンダイ


お祝い金・功労金の贈呈


喜友名諒選手がアーナンを演武


オリンピック出場者(高橋和夫審判員、喜友名諒選手、清水由佳オリンピック中継解説者、今井謙一コーチ。
宮原美穂選手からは感謝のメッセージが寄せられました)


宴に華を添えた、関西二期会の松下弥生さん(ソプラノ)と冨岡潤子さん(ピアノ伴奏)

スポンサーリンク