第9回全国選抜少年少女空手道交流大会が開催

2月24日(日)、一友会主催の「第9回全国選抜少年少女空手道交流大会」が、東京武道館で開催されました。

一友会の選手100名に加え、小学1年生から中学3年生まで、117の道場から600名がエントリーし、組手個人競技で熱戦を繰り広げました。
大会会長の小原博・一友会会長は、「今日の試合は、これから行われる全国大会の前哨戦となります。精一杯実力を出し切って、全少や全中で必ず再会してください。そして、皆さんがこれからもっと活躍して、世界中に、空手道の奥深さと底力を見せつけてやりましょう」と選手を激励しました。
JKFan5月号(3月23日発売)でご紹介いたします。


小学3年生女子の決勝戦。


小学3年生男子の五百川燎優選手(埼玉)による選手宣誓。


中学3年生男子の決勝戦。


中学3年生女子の決勝戦。