「連合会第57回全国空手道選手権大会」開催

10月6日(日)、日本空手道連合会の第57回全国空手道選手権大会がエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で開催されました。

全国各地の予選を勝ち抜いた小学1年生から壮年まで1000名を超える選手が出場し、熱戦を繰り広げました。
マスターズ女子2部形では、開会式で選手代表宣誓を務めた三厨晴恵選手(拳和会)が優勝。成年男子組手は酒井大輔選手(大濤会)、成年女子組手は八頭司明選手(正剛会)がそれぞれ優勝しました。

大会の模様は、JKFan12月号(10月23日発売)でご紹介します。


選手代表宣誓は、三厨晴恵選手(拳和会)


小学1年女子組手決勝戦


成年男子形優勝の冨澤允宣選手(糸洲会)


成年男子組手入賞者のみなさん


成年女子組手入賞者のみなさん