【全日本大学2019】粘りの京産が日本一!国士舘女子組手初V!帝京形2冠

11月10日(日)、愛知県・スカイホール豊田において「第63回全日本大学空手道選手権大会」が開催された。今年の大学の団体日本一を決める大会で、男女の形・組手4種目が行われた。

注目の男子組手は、京都産業大学が2年ぶり6度目の日本一を果たした。準決勝で近畿大学、決勝で近畿大学工学部との立て続けの大接戦を繰り広げた。決勝は2勝2敗で迎えた大将戦、主将の横井仁勇が相手に先取を許すも、驚異の粘りで逆転。4ー2のスコアで3勝目をもぎ取った。

女子組手では、国士舘大学が初優勝。駒澤大学との決勝戦では、先鋒の芳賀由依、大将の岩瀬菜緒で2勝した。前年は決勝で敗れていた国士舘大、ついに頂点を極めた。国士舘大は4種目全てで3位以上の成績を残した。

形種目では、帝京大学が男女2冠を獲得。新メンバーの女子は決勝で同志社大学を下し、これでなんと10連覇。昨年悔しい3位に終わった男子は、予選から他を寄せ付けぬ凄みを見せて王座を奪還した。

昼休みには、帝京大学空手道部の坂井創選手が、車椅子空手の型「五輪」と、中村甚太選手との取りの特別演武。四方八方に車椅子を巧みに操り、また手技の力強い演武に、会場から大きな拍手が湧き起こった

【決勝戦Youtube動画 「JKF CHANNEL」より】
https://www.youtube.com/watch?v=mXUkVKh6O0Q

【大会結果】
《組手》

◆男子団体[優勝]京都産業大学[準優勝]近畿大学工学部[第三位]近畿大学/国士舘大学

◆女子団体[優勝]国士舘大学[準優勝]駒澤大学[第三位]帝京大学/大正大学


《形》

◆男子団体[優勝]帝京大学[準優勝]国士舘大学[第三位]同志社大学/駒澤大学

◆女子団体[優勝]帝京大学[準優勝]同志社大学[第三位]国士舘大学/駒澤大学

《優秀選手賞》

◆男子 横井仁勇(京都産業大学)/吉村郁哉(京都産業大学)/嶋田力斗(京都産業大学)/梶原龍斗(京都産業大学)/荒木弘貴(京都産業大学)/江藤純哉(近畿大学工学部)/崎山優成(近畿大学工学部)/南友之輔(近畿大学)/大橋里央(国士舘大学)
◆女子 岩瀬菜緒(国士舘大学)/菊池瑞希(国士舘大学)/芳賀由依(国士舘大学)/一杉菜々子(駒澤大学)/木原妃菜(駒澤大学)/澤江優月(帝京大学)/柴田静香(大正大学)