第12回全国選抜少年少女空手道交流大会結果

第12回全国選抜少年少女空手道交流大会
(2022年3月6日 東京武道館 大武道場)
主催:一般社団法人全日本空手道一友会
後援:東京都・スポーツ庁


(一社)全日本空手道一友会が主催のオープン大会「第12回全国選抜少年少女空手道交流大会」が3月6日に開催された。

特に第1回大会から続く、5〜6人の予選リーグ戦を行い、その上位者による決勝トーナメントを行うシステムが大好評。参加全選手が複数試合を行うことができる。オリンピックでも行われ、また今年6月に全空連が新設する「全日本体重別大会」にも導入されて話題の「ラウンドロビン制」を、小中学生向けに10年以上も前からいち早く実施しているのが今大会だ。

今大会も、2021年の全少チャンピオンが4名出場し、ハイレベルな試合が各コートで繰り広げられた。北は北海道から南は宮崎県まで82団体から600名がエントリーした。

大会詳報は3月23日発売のJKFan5月号にて掲載

《組手》
◆小学1年生男子個人戦[優勝]東條泰介(福岡・大藪道場)[準優勝]木村理葵(栃木・正友会)[第三位]丑田一翔(兵庫・飛翔舘)/川畑天輝(宮崎・夢道場)
◆小学2年生男子個人戦[優勝]市村隆晟(栃木・十色会)[準優勝]池田諒真(千葉・濤空会)[第三位]北原 翼(東京・一友会)/川崎琥暖(静岡・正剛)
◆小学3年生男子個人戦[優勝]菅宮清志郎(茨城・秀神館)[準優勝]土屋輝人(宮崎・夢道場)[第三位]和田湊人(東京・一友会)/内田和希(東京・禅空館)
◆小学4年生男子個人戦[優勝]斉藤鉄将(大阪・千政館)[準優勝]刈込一成(東京・一友会)[第三位]立木奎伍(長崎・大闘会)/東房陽向(福岡・新武館)
◆小学5年生男子個人戦[優勝]佐藤 壱(福岡・大藪道場)[準優勝]美木 青(大阪・千政館)[第三位]安達旺伸(東京・一友会)/岩本 鳳(大阪・極龍館)
◆小学6年生男子個人戦[優勝]久島隆雅(福岡・新武館)[準優勝]大澤蔵之介(栃木・一友会)[第三位]佐々木晃紀(宮城・和道名取)/髙橋奏統(東京・一友会)
◆中学1年生男子個人戦[優勝]大滝夏向(東京・一友会)[準優勝]渡邉航平(東京・一友会)[第三位]鈴木隆太郎(千葉・拳空会)/小森八一(岐阜・聖心館)
◆中学2年生男子個人戦[優勝]永野豪己(千葉・拳空会)[準優勝]末廣一晴(東京・一友会)[第三位]古谷柊斗(東京・一友会)/和泉孔大(福岡・新武館)
◆中学3年生男子個人戦[優勝]三宅波音(神奈川・一友会)[準優勝]山中優夢(東京・一友会)[第三位]長沼冬和(北海道・明空義塾)/秋山達哉(東京・ちゃんぷ)
◆小学1年生女子個人戦[優勝]土岐穂佳(北海道・寺田道場)[準優勝]松ケ野幸(宮崎・夢道場)[第三位]黒木愛記(埼玉・一友会)/瀧川怜奈(東京・一友会)
◆小学2年生女子個人戦[優勝]木下 鈴(福岡・常志館)[準優勝]大西はる花(東京・一友会)[第三位]鈴木望来(千葉・千葉拳成会)/松本桃花(神奈川・和心会)
◆小学3年生女子個人戦[優勝]丑田紗咲(兵庫・飛翔舘)[準優勝]幡 美織(大阪・極龍館)[第三位]渡邊愛夢実(宮崎・夢道場)/村越翠空(千葉・一友会)
◆小学4年生女子個人戦[優勝]廣瀬一花(東京・禅空館)[準優勝]猪熊愛心(栃木・正友会)[第三位]佐々木悠夏(宮城・和道名取)/宮本梨那(東京・一友会)
◆小学5年生女子個人戦[優勝]大滝姫来(東京・一友会)[準優勝]中川希愛(千葉・功道館)[第三位]寺田 凛(北海道・寺田道場)/末廣瑛菜(東京・一友会)
◆小学6年生女子個人戦[優勝]野上愛麻(東京・一友会)[準優勝]伊藤美樹(宮城・明櫻館)[第三位]刈込和花(東京・一友会)/泰永芽依(群馬・高崎西)
◆中学1年生女子個人戦[優勝]片岡美月(東京・一友会)[準優勝]市原虹花(東京・一友会)[第三位]阿久津優愛(栃木・正友会)/片岡優月(東京・一友会)
◆中学2年生女子個人戦[優勝]松浦舞世(東京・一友会)[準優勝]刈込結月(東京・一友会)[第三位]小松優心(宮崎・夢道場)/加賀綾乃(東京・一友会)
◆中学3年生女子個人戦[優勝]横濵来幸(東京・桃陽会)[準優勝]花井杏霞(東京・一友会)[第三位]岡田 颯(千葉・清武会)/澤木愛月(千葉・明桜塾)

スポンサーリンク