協会総本部に国内外から約350名が参集!

2009年4月16〜19日、東京・後楽の(社)日本空手協会総本部にて平成21年度春季国内外全国合同合宿が行われ、海外約30カ国を含む国内外から約350名が参加。約3分の1にあたる約100名が海外からの参加で、4階道場、3階道場ともにすし詰め状態となった。

4日間にわたって7回の講習会をはじめ、昇段審査、指導員資格審査、審査員資格審査、審判員資格審査、特別審査権審査などが行われた。

講習会は礼法・基本からはじまり、特別講習として小山正二郎・米国派遣師範の指導と講話が行われた。

4日間の合宿を終えて杉浦初久二首席師範は「今回の講習会で得たことを自国へ持ち帰り普及させて頂きたい」と参加者に向けて語った。

20090420-2009_04_16_001.jpg

スポンサーリンク