第1回全日本選手強化合宿

2009年5月22〜24日、千葉県館山市の中央学院大学館山セミナーハウスにて平成21年度の第1回強化合宿が行われた。

今年は11月12〜15日に第6回世界ジュニア&カデット選手権大会が行われるが、今大会より年齢制限が低くなり、カデットが14〜15歳、ジュニアが16〜17歳、そして新たに18〜20歳という21歳以下(アンダー21)のカテゴリーが加わった。今回の合宿はそのジュニア&カデット大会に出場する選手の選考会も兼ねており、14〜15歳の中学生、16〜17歳の高校生の強化選手も参加。約100名の大所帯となるところだったが、しかし新型インフルエンザの影響で大阪・兵庫からの参加が取りやめとなったため、約20名ほどの欠席者が出た。

22日、12時に東京駅に集合した選手たちはバス2台に分乗して一路館山へ向かい、午後3時から1日目の練習がスタート。基本を中心に一般からジュニア、カデットたちが約3時間に渡って汗を流した。初日にあたり栗原茂夫専務理事から「選手の皆さんの日頃の錬磨に敬意を表します。日本を代表するトップ選手としての自覚を持って日々、生活して頂きたい。また地域の大会などでは必ずトップを取る気持ちで臨むことを全空連からお願いしたいと思います」と挨拶がなされた。

2日目は午前6時半からの朝練習、午前9時半からの午前練習、午後2時半からの午後練習などの通常の練習と、ジュニア&カデット、21歳以下の選考会が平行して行われ、3日目は全員による朝練習と午前練習というメニューを消化して、第1回の強化合宿が終わった。

今年は前述のジュニア&カデット世界大会をはじめ、第1回マーシャルアーツゲームズ(武道競技会)や、東アジア競技会、アジア選手権大会などの国際大会が行われる年でもあり、日本代表選手の活躍を祈りたい。

写真
一般からジュニア&カデットまで約80名が参加した第1回合宿

写真
文字通り同じ釜のメシを食うナショナル戦士たち

スポンサーリンク