8月18日(土)、19日(日)に和道会全国大会が開催されました。

第54回和道会全国空手道競技大会1日目は浦安市運動公園総合体育館で、2日目は日本武道館で決勝戦までが行われました。

開会式の前に、先日ご逝去された和道会技術委員会委員長の高木秀穂先生に黙祷を捧げ、ご冥福を祈りました。

今大会、形競技で新チャンピオンが誕生しました。一般男子有段の伊藤瑠威選手(錬成館)、少年男子の藤井健瑠選手(杉浦錬成塾本部)です。
また、組手競技ではシニア女子の斉藤師保選手(一道塾)が9連覇を達成しました。

JKFan11月号(9月23日発売)でご紹介いたします。


少年錬成


一般男子有段形優勝、伊藤瑠威選手(錬成館)


少年男子形優勝、藤井健瑠選手(杉浦錬成塾本部)


シニア女子組手優勝、斉藤師保選手(一道塾)