帝京大学優勝祝賀会が開催!

2月11日(月・祝)、浅草ビューホテル(東京都台東区)において帝京大学空手道部優勝祝賀会が開催された。会場には、大学関係者、空手道関係者をはじめ、OBOGを含む空手道部関係者約400名が集まった。

帝京大空手道部は2018年、OBの香川幸允(男子組手)と植草歩(女子組手)が12月に開催された第46回全日本空手道選手権大会で優勝、現役生では、4年生の宮原美穂(女子組手)と平紗枝・武儀山舞・石橋咲織の女子団体形チームが、11月に開催されたWKF第24回世界空手道選手権大会で世界一を獲得。さらに女子団体形チームは、第62回全日本大学空手道選手権大会でも優勝し、同種目の帝京大9連覇を飾った。

祝賀会では、香川政夫師範から優勝選手の紹介がなされ、各選手たちの意外!?なエピソードが披露された。

詳報は、3月23日発売のJKFan5月号で掲載予定。