第48回糸東流太西会空手道選手権大会開催

4月14日(日)、大阪府堺市の金岡公園体育館において、第48回糸東流太西会空手道選手権大会(主催:糸東流太西会、共催:光龍流琉球古武道、後援:JKFan他)が開催されました。

大会には、太西会所属道場の選手のべ約600名が参加し、幼児から一般まで組手・形・古武道でトーナメント方式による熱戦を繰り広げました。
また、この大会に合わせて、アメリカ・ハワイより国際空手道連盟(IKF)代表の小高忠三師範一行が来日。4名の選手が大会に参加し、古武道中学生の部にて、アヤノ・ムーア選手が優勝しました。

大会の模様は、JKFan7月号(5月23日発売)で掲載いたします。
なお、公式大会結果は後日JKFan NEWSにも掲載いたします。

右から、西辻一浩・糸東流太西会会長、小高忠三・国際空手道連盟(IKF)代表、西辻政雪・糸東流太西会理事長、西辻勝司・糸東流太西会副会長。

選手宣誓:大山友涼季選手(左)、辻本隆志選手。

古武道中学生の部で優勝のアヤノ・ムーア(IKF)。

中学生女子組手で優勝した馬場瑠凜(太西会本部)。

総合優勝した槇塚支部。

大会運営には、城南学園中学・高校空手道部、浪速中学・高校空手道部、大阪商業大学堺高校空手道部の皆さんがお手伝いをした。