都⺠塾にて空手道の講演

5月30日(木)、東京都中央区築地の築地本願寺講堂において、第70回「都民塾」が開催され、東京空手倶楽部代表の瀧川英治先生(大阪体育大学空手部総監督)が空手道をテーマに講演を行いました。

都民塾は、東京都中央区選出の元都議会議員・立石晴康氏が呼びかけ人となって誕生し、政治だけでなく経済、芸術など多様なテーマと講師による勉強会では、性別、年齢、性格、学歴、価値観の異なる人たちが集い、講師の話を聞いて、毎回熱心な質疑応答をしています。

今回は、立石氏と親交のある瀧川先生が「空手を通して人を育む」と題して、青少年の空手指導を通して人間力を鍛えるをテーマに講演を行いました。
また、瀧川先生の教え子の菅谷麻衣さん(国際基督教大学2年生)が、形の演武(クーシャンクー)を行い、出席者からは拍手喝采を浴びました。

約60名が参加した講演会

瀧川英治先生

都民塾呼びかけ人の立石晴康氏

形の演武を行った菅谷麻衣さん(国際基督教大学2年生)

瀧川先生の指導で突きの練習