TOKYO2020 Let’s 55 オリンピック1年前スペシャル

2019年7月24日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)において『TOKYO2020 Let’s 55 オリンピック1年前スペシャル』が開催された。

東京2020オリンピック・パラリンピックにむけ、両大会合わせた全55競技を、より身近に感じていただくための体験イベントシリーズである「Let’s 55」。この日は、2020年7月24日の東京オリンピック開会式からちょうど1年前という記念日であり、オリンピック17競技、21種目を体験できる機会となった。イベントには、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が訪れるなど大注目のイベントとなった。

空手も今回のイベントに参加。全空連オフィシャルスポンサーである「キッコーマン株式会社」と「毎日新聞社」の協力を得て、来場者に向けた空手教室を実施した。

「キッコーマン」のこども空手教室では、川崎衣美子さんらの指導のもと、参加した子どもたちに空手の基本動作を教え、参加者と共に元気よく繰り出した。また、組手の模範演武を実施したのち、組手のモデルの動きに参加者が反応して突きを出すというゲームを実施。モデルが時折フェイントを入れるなどして、参加した子供たちと組手の駆け引きを楽しんだ。

「毎日新聞社」の空手教室では、皆思道場のみなさんと、スペシャルゲストとして女優・是永瞳さん(TOKYO2020空手アンバサダー)が訪れて行った。皆思道場の道場生が見本となり、加藤巧先生が、参加者に美しい礼法、空手の基本の突き・蹴り・受けをしどうした。
最後は、是永さんが参加者の前に立って見本になるようにし、全員で基本のその場突きを実施。元気のよい気合いの掛け声が会場中に響いた。参加者、是永さん、皆思道場のみなさんが、一体となった温かい雰囲気で進められた。

スポンサーリンク