令和元年度 北海道青少年空手道錬成

7/27、28の2日間、北海道の釧路町立総合体育館において「令和元年度 北海道青少年空手道錬成」が開催された。

この行事は、(公財)日本武道館・全国都道府県立武道協議会・(公財)全日本空手道連盟・(公財)・北海道スポーツ協会が共同で主催し、北海道において毎年開催されている。

毎年、国際大会で活躍する日本のトップ選手たちを中央講師として招き、その技術や指導法を参加した子どもたちや道場指導者が学んでいる。

今回は、荒賀龍太郎・植草歩・本一将の3選手が招かれ、2日間指導を行なった。いずれも国際大会で優勝の常連である豪華なトップ選手たちが指導につくとあって、大盛況。今回の参加者は選手329名、指導者 78名と大勢の参加があった。

講師の選手たちは時折実際に身体を動かしてその技術を見せながら丁寧に指導。子どもたちにとっては、憧れのトップ選手からの指導を、食い入るように聞き入っていた。

(写真:提供)