【1/25 PLパリ2日目】喜友名異次元クラス。荒賀龍太郎が決勝へ!

1月25日、『KARATE1プレミアリーグ2020パリ大会』の大会2日目。この日は男子個人形、女子団体形、男子組手-84kg級、+84kg級、女子組手-61kg級、-68kg級、+68kg級の予選・敗者復活戦が行われた。

日本選手は、男子個人形の喜友名諒と男子組手-84kgの荒賀龍太郎の2選手が決勝進出。また、3位決定戦へは、男子個人形の本一将、女子組手-61kgの森口彩美、女子組手-68kgの染谷香予、女子組手+68kg:植草歩の4選手が進んだ。

男子組手-84kgの荒賀龍太郎は、初戦となった2回戦から4回戦までの3試合を無失点で快勝。相手の動き出しを確実に捉える技が冴え、さらに山場となった世界ランク1位のアクタス選手との準決勝では、5ー3で勝利した。

男子個人形の喜友名諒は、1回戦オーハン、2回戦アーナン、準決勝である3回戦はオーハンダイを演武。いずれもグループ首位通過の盤石の強さで、決勝進出を決めた。昨年2019年は決勝にオーハンダイを演武していたが、今大会はオーハンダイを準決勝に演武した。決勝はアーナンダイの演武が予想される。

女子組手ではこの日の3階級全てでメダルマッチ進出者が現れた。

26日の大会最終日は、全種目の3位決定戦と決勝が行われる。

<大会2日目 日本選手の成績>
男子個人形:喜友名諒 決勝進出
男子個人形:本一将 3位決定戦へ
女子組手-61kg:染谷真有美 1回戦
女子組手-61kg:森口彩美 3位決定戦へ
女子組手-68kg:染谷香予 3位決定戦へ
女子組手+68kg:植草歩 3位決定戦へ
男子組手-84kg:荒賀龍太郎 決勝進出
男子組手+84kg:香川幸允 2回戦