高体連空手道専門部「全国高等学校空手道 形インターネットGP」に話題沸騰!

■空手に励む高校生への温かい和が瞬く間に広がる

5月31日に全国高等学校体育連盟空手道専門部が公表した「全国高等学校空手道 形インターネットGP」が話題を呼んでいる。

高校3年生を対象にしたインターネットを活用した形競技の大会で、日本の空手競技団体として初の試みとなる今回。コロナ禍でインターハイ中止の報を聞いた高体連空手道専門部が、空手道に励む高校生の思いになんとか応えようと企画したものだ。

【大会詳報・最新情報は 空手道専門部広報WebSite 】
https://jkf-hs.wkf.jp/

企画とともに即座に全国の審判員が動画配信での得点採点練習を行うなど、短期間で開催への準備を整え、5月31日に開催決定公表に至った。

この高体連空手道専門部の思いと取り組みが、各所で大きな話題を呼び、賛同が集まっている。開催発表日には、形の世界王者・喜友名諒選手がNHKの取材で高校生に向けてコメントを寄せるなどし、多くのマスメディアに取り上げられた。(公財)全日本空手道連盟が主催し、6月4日時点では文部科学省と(公財)全国高等学校体育連盟が後援予定へと発展中だ。

■エントリー受付中!!

大会へのエントリーは、全国高体連空手道専門部に加盟する高校3年生で各学校長の認知があれば誰でも可能。オンラインゆえのオープンなシステムで、多くの高校3年生のエントリーが見込まれている。

エントリーと動画の受付はすでに始まっており、6月12日にエントリー申し込み締切となる。7月5日にベスト16が決まり、その後ベスト16以降の競技が行われ、7月12日にグランプリが決まる予定となっている。

全国の高校生形選手たちが積み重ねてきた熱い思いが溢れる場として、期待大のグランプリ大会だ。

【種目】男子個人形、女子個人形

【主な日程】 6/25変更
6月2日(火)  大会申込み開始
6月12日(金) 申込み締切(映像送付の締切は別) 
6月21日(日) 映像送付(指定形1、自由形1)締切

6月 29日(月) 10時 男女各種目のベスト16決定

6月 29日(月) ベスト16選手の形申込み締切(映像送付は別)
7月3日(金) 映像送付(自由形2つ)締切

7月12日(日) 男女優秀選手、グランプリ発表