【動画で紹介】10分でできる手作りフェイスガード!空手練習の新たな必需品に!

道場練習などが各地で再開されていますが、まだまだ余談を許さない状況が続いています。
夏場は熱中症のリスクも伴うため、マスクを外して練習に臨むことも多いでしょう。
その代わりに使うのが、フェイスシールド。市販のものもありますが、在庫僅少など、やや使いにくい面もあると思います。
そこで!今回JKFanでは、フェイスシールドを手軽に作る方法を発明!?した動画をご紹介します!!

ご協力いただいたのは、白水修養会館(埼玉県)の荒川尊祐館長。道場の「しらみずYouTube」で紹介されています。

100円均一で販売されている「メガネ・ゴーグル」と「透明な下敷き」を組み合わせてつくるもので、
予算200円!!、時間10分!!で完成します。

【動画はこちら 簡単10分 フェイスシールド製作

【用意するもの】
100均のメガネorゴーグル
100均の透明な下敷き
A4サイズの紙
ドライヤー
ハサミ
接着剤か両面テープ

【手順】

▼▼▼
下敷きを型紙に合わせて、

▼▼▼
それに合わせて切る!!

▼▼▼
切った下敷きを接着剤でメガネにつける

▼▼▼
ドライヤーで温めてカーブをつくり、

▼▼▼
完成!!

★発明(!?)した荒川尊祐・館長のコメントです!
「市販のフェイスシールドを試したこともあるのですが、やっていくうちに『視界が曇ってしまう』、『おでこ触れる部分が汗で不衛生になる』などの不具合がありました。たまたま100円ショップを歩いていて、閃いたアイディアです。特に指導者向け、また審査会や審判員などでも手軽に用意できるものではないでしょうか。」

全国の皆さま、ご参考にどうぞ! 安全にご留意いただき、空手を楽しんでください!!