令和2年度 山形県空手道連盟 女性委員会研修会を開催

期日:9月12日(土)
会場:崇武館本部道場(山形市)
講師:飛鳥宗一郎・山形県空手道連盟名誉会長(全日本空手道連盟和道会副会長・崇武館館長)
内容:和道流基本組手1~10本目

9月12日(土)、山形県空手道連盟 女性委員会主催の研修会が開催されました。今年はコロナの影響で開催が危ぶまれましたが、対策を万全に行い、参加者を女性委員に限定して実施しました。

研修会は、流派を超えた解り易い内容で3時間以上にわたって行われました。飛鳥宗一郎講師による歴史的な説明に始まり、飛鳥講師と菊地健治・山形県空手道連盟普及本部長(副理事長・崇武館本部師範代)との実技演武も交え、丁寧に意味を説明して頂き、充実した研修会となりました。目を閉じて相手の動きを察知し攻防に転じたり、目に見える脱力や極めのある技など、飛鳥講師の年齢を感じさせない演武を間近で見た参加者からは、感嘆の声が上がりました。

実技講習では、現在の組手に活かせる技が多数あり、参加者は真剣に学びながら、研修会を開催できる楽しさを感じていました。

研修会に参加された皆さん

遠田めぐみ・山形県空手道連盟女性委員会委員長の挨拶

飛鳥名誉会長による座学

飛鳥名誉会長と菊地普及本部長の基本組手模範演武

実技講習1

実技講習2