高校空手に全国大会が帰ってきた!! 第40回全国高校選抜が開幕!

3月24日(水)、「JOCジュニアオリンピックカップ第40回全国高等学校空手道選抜大会」が、3日間の競技日程にて東京体育館(東京都渋谷区千駄ヶ谷)で開幕した。

昨年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止となったこの大会。その後は、昨夏のインターハイも中止となり、高校生にとっては待ちに待った全国大会となった。また今回の大会は40回目の節目の大会を迎え、参加者・関係者の感染症の予防策を万全に講じての開幕となった。

初日の24日は開始式に引き続き、男女団体形・男女個人形のROUND1から決勝まで、女子個人組手-48kg、-53kg、-59kg、+59kgの1回戦から準決勝までが行われた。

男子団体形は浪速高校(大阪府)が前回大会に続き連覇。女子団体形は夙川高校(兵庫県)が通算10度目の優勝を果たした。

男子の個人形は大槻瑛士(日本航空高校2年)、女子の個人形は中路陽沙未(済美高校2年)が、それぞれ優勝した。

【結果速報】

https://www.karate-sys.com/40thsenbatsu/

また、男女団体形・男女個人形の決勝の模様は、全空連Youtube「jkfchannel」にてライブ配信された。

【全空連Youtube「jkfchannel」アーカイブURL】
https://www.youtube.com/watch?v=fd_YE-TTtOs

【競技スケジュール】
3月25日(木):男子個人組手-55kg、-61kg、-68kg、-76kg、+76kg、女子団体組手
3月26日(金):男子団体組手

従来の開会式に替わって、簡素に行われた開始式

開始式で挨拶する笹川堯・(公財)全日本空手道連盟会長

近藤彰郎・(公財)全国高体連空手道専門部部長

男子団体形優勝:浪速高校(大阪府)

女子団体形優勝:夙川高校(兵庫県)

男子個人形優勝:大槻瑛士(日本航空高校2年)

女子個人形優勝:中路陽沙未(済美高校2年)

形審判席には、感染症対策として、透明なついたて板が設置された

女子個人組手各階級の1回戦から準決勝までも行われた