インターハイ3日目 男子個人組手は浪速(大阪)のワンツー!

富山インターハイ3日目。男女個人組手の1回戦から決勝まで。また、女子団体組手の1回戦~4回戦(準々決勝)までが行われました。

女子個人組手では、春の全国高校選抜で女子個人組手+59Kg級で準優勝だった寺澤紗良(岐阜県・済美)と同選抜女子個人組手-53Kgで5位だった龍野美咲(香川県・高松中央)が決勝で対戦。結果、龍野が寺澤を6−4で退けインターハイ優勝に輝きました。

男子個人組手は、全国高校選抜男子個人組手-68Kg級を制した南元希(大阪府・浪速)と同じく浪速の1学年下・池田刻斗(全国高校選抜男子個人組手-61Kg級3位)が対戦。結果は、突きでポイントを取り合い2−2の同スコアも、先取を取っていた南が先輩の貫禄を見せて優勝。浪速のワンツーで3日目を締めくくりました。

競技記録結果はこちらから。
https://kirokukensaku.net/0IH21/discipline_260_20210814.html

ライブ中継はこちらから。インハイ.tv
https://sportsbull.jp/category/inhightv/

明日最終日のスケジュールは以下の通りです。

15日(日)
男子団体組手(1回戦~4回戦)・男女団体組手(準決勝・決勝)

男子個人組手で優勝した南元希(中央右)と準優勝の池田刻斗(中央左)。南の右は浪速高校空手道部の今井謙一監督。池田の左は井渕智コーチ。

男子個人組手決勝、突きで攻める南元希。

男子個人組手準優勝の池田刻斗。

女子個人組手決勝、上段突きを決める龍野美咲(高松中央)。

高松中央の先輩・崎山優成さん(近畿大学工学部4年)に祝福される龍野。

女子個人組手準優勝の寺澤紗良(済美)。