2020年2月号(12月23日発売)の連載「マスターズへの道」は、富山県の榊原一彦選手です。

2月号(12月23日発売)の連載「マスターズへの道」は、本年の日本スポーツマスターズ岐阜大会・男子形3部で初優勝を果たした富山県の榊原一彦選手(國際松濤館空手道連盟針原支部支部長)です。

富山市出身の榊原選手は、中学生の時に映画で見たブルース・リーに憧れ、高校1年から空手を始めました(松濤館流)。その後、道場での稽古に邁進し、高校3年の時に黒帯を取得。以降、高校卒業後地元の民間企業に就職してからも道場で鍛錬を積み、國際松濤館の国内大会、世界大会をはじめ、各種大会で実績を残し、国体にも出場しました。平成14年には、國際松濤館空手道連盟針原支部を設立し、富山市内の小学校で子ども達を中心に指導してきました。

マスターズ大会は、2002年の神奈川大会から出場し、同大会男子形1部で第3位。以降、準優勝2回、3位5回とコンスタントに入賞を重ね、本年の岐阜大会では男子形3部で念願の優勝を果たしました。現在は指導の他、全空連全国組手・形審判員、富山県空手道連盟審判部長としての活動、そして自らの稽古の日々。

マスターズ全国大会での優勝を5回が目標、また2021年に京都市で行われるワールドマスターズゲームズに出場したいという榊原選手の空手に対する思い、マスターズ大会への思いを取材しました。ご期待ください。
2月号(12月23日発売)に掲載いたします。

榊原一彦選手

國際松濤館空手道連盟針原支部の皆さん