第3回清洲城信長杯争奪空手道大会初日結果(団体組手戦)

12月21日、年末恒例の高校錬成大会「第3回清洲城信長杯争奪空手道大会」の初日が、愛知県清洲市の清須市勤労福祉会館(ARCO清洲)にて開催され、全国各地より55の高校が参加し団体組手競技が行われた。

男子団体組手は、御殿場西(静岡県)が小松大谷(石川県)を3ー0で下し2連覇。女子団体組手は小松大谷(石川県)が大阪学芸(大阪府)を3ー2の大接戦の末、初優勝を果たした。男女とも決勝に進出した小松大谷は、来春に地元石川県で開催される全国高校選抜大会へ弾みをつけた。
大会レポートは、22日の個人組手戦とともに新年1月23日発売の3月号に掲載予定。

上位入賞校の結果は以下のとおり。

第3回清洲城信長杯争奪空手道大会(団体組手戦)
(2019年12月21日 ARCO清洲)

◆男子団体[優勝]御殿場西(静岡県)[準優勝]小松大谷(石川県)[第三位]倉敷(岡山県)/福井工業大学附属福井(福井県)
◆女子団体[優勝]小松大谷(石川県)[準優勝]大阪学芸(大阪府)[第三位]城南学園(大阪府)/光明学園相模原(神奈川県)

男子団体組手決勝、次鋒戦で上段蹴りを決めた御殿場西の池田宗一郎

女子団体組手決勝、先鋒戦で上段突きを決めた小松大谷の竹内蘭

永田純夫・清洲市長の祝辞

中西新八郎・公益財団法人全国高等学校体育連盟空手道専門部副部長

開会式後には、御殿場西の団体形チーム(堀場早耶、斎藤小茉理、酒井虹穂)がウンスーを演武した

メインアリーナ、サブアリーナの2つのフロアを使って7つのタタミで行われた

女子団体組手優勝、男子団体組手準優勝の小松大谷の皆さん

男子団体組手2連覇の御殿場西の皆さん