【45回全日本】渡邊大輔初戴冠!植草、喜友名、清水は連覇!

「第45回全日本空手道選手権大会」、大会2日目の9日は、日本武道館(東京都千代田区)において個人戦の男女組手形の4種目が行われた。早朝から超満員の観衆で溢れかえった。

男子組手では、渡邊大輔が初の優勝。過去3位が最高の渡邊、初の決勝に登り、4連覇を狙う荒賀龍太郎を2ー2の先取勝ちで退け、悲願を獲得した。

女子組手は、植草歩が3連覇を達成。準決勝では斎藤綾夏にリードを許すが、残り0秒で上段蹴りを決めて大逆転勝利、決勝は、大学3年生次世代ホープ、宮原美穂に勝利した。

男子形、女子形は、世界王者の喜友名諒、清水希容が貫禄の優勝。喜友名は6連覇、清水は5連覇、実力者が揃う大会で、凄みを見せた。

【結果】
男子組手[優勝]渡邊大輔[準優勝]荒賀龍太郎[第3位]香川幸允/石塚将也
女子組手[優勝]植草歩[準優勝]宮原美穂[第3位]斎藤綾夏/染谷香予
男子形[優勝]喜友名諒[準優勝]新馬場一世[第3位]杉野拓海/久保弘樹
女子形[優勝]清水希容[準優勝]大野ひかる[第3位]岩本衣美里/田中美佐稀

【入賞一覧】
http://www.jkf.ne.jp/result/45alljapan