アジアJr&Cdアンダー21選手権大会 日本は金16個獲得

7月13日〜16日にかけてカザフスタン・アスタナで開催された第14回アジア空手道選手権大会ならびに第16回アジアジュニアカデットアンダー21空手道選手権大会。日本チームは、4世代合計で合計で金16、銀8、銅14のメダルを獲得した。

アジア各国が力をつけ、厳しい戦いが続く中で活躍が光ったのが女子組手陣。シニアで6種目中3種目の金メダルをはじめ、アンダー21、ジュニア、カデットの女子組手出場選手全員がメダルを獲得する快挙になった。

一方、男子組手は課題を残す結果になった。金メダルはシニア-84kgの石塚将也のみであった。今大会の最多メダル獲得を誇った王国イラン、また地元カザフスタンや、新興国サウジアラビアらの躍進がみられた。

【シニア】金8銀1銅3
女子個人形:岩本衣美里 優勝
男子個人形:喜友名諒 優勝
女子組手-50kg:多田野彩香 優勝
女子組手-55kg:石合郁香 準優勝
女子組手-61kg:森口彩美 3位
女子組手-68kg:染谷香予 優勝
女子組手+68kg:植草歩 優勝
男子組手-55kg:泓誠司朗 2回戦
男子組手-60kg:遠山将平 7位
男子組手-67kg:荒賀慎太郎 2回戦
男子組手-75kg:西村拳 2回戦
男子組手-84kg:石塚将也 優勝
男子組手+84kg:本田哲也 1回戦
女子団体形:岡本沙織、平紗枝、武儀山舞 優勝
男子団体形:喜友名諒、金城新、上村拓也 優勝
女子団体組手:染谷香予、植草歩、川村菜摘、齊藤綾夏 3位
男子団体組手:西村拳、石塚将也、本田哲也、船橋真道、森優太、小池麻琴、渡邊大輔 3位

【アンダー21】金2銀3銅5
女子個人形:宇海水稀 3位
男子個人形:堀庭裕平 優勝
女子組手-50kg:安住早代 3位
女子組手-55kg:小林直央 3位
女子組手-61kg:久住呂有紀 優勝
女子組手-68kg:菊池瑞希 準優勝
女子組手+68kg:杉本りさ 3位
男子組手-55kg:本田拓斗 準優勝
男子組手-60kg:梶原龍斗 2回戦
男子組手-67kg:中野壮一朗 準優勝
男子組手-75kg:崎山優成 5位
男子組手-84kg:嶋田力斗 3位
男子組手+84kg:谷沢元輝 5位

【ジュニア】金2銀1銅5
女子個人形:森本莉菜 2回戦
男子個人形:舟田葵 優勝
女子組手-48kg:田畑梨花 優勝
女子組手-53kg:藤田るり 準優勝
女子組手-59kg:坂地心 3位
女子組手+59kg:北沢瑞紀 3位
男子組手-55kg:山岡政稀 3位
男子組手-61kg:鈴木康介 2回戦
男子組手-68kg:中村虎太郎 7位
男子組手-76kg:崎山慶成 3位
男子組手+76kg:園田雅人 3位

【カデット】金4銀3銅1
女子個人形:大内美里沙 優勝
男子個人形:日比裕太 優勝
女子組手-47kg:天本菜月 優勝
女子組手-54kg:中川麻鈴 優勝
女子組手+54kg:澤島さくら 準優勝
男子組手-52kg:堺健太 準優勝
男子組手-57kg:西山拓也 1回戦
男子組手-63kg:内野翔太 準優勝
男子組手-70kg:豊田陽也 5位
男子組手+70kg:北代涼馬 3位