永木・銀、松久・銅獲得!

オリンピックの次に権威の高いワールドゲームズが台湾の高雄で行われた。日本からは永木伸児、松久功、藤元経太、若林春日が権利を得て参戦。世界最高峰の戦いとなった。

永木は、持ち前のスピードで他を圧倒。決勝まで駒を進めるも、ベネズエラの伏兵に敗退。しかし、メキシコの世界選手権の時を思わせる動きは、カテゴリー中最も速く、オーラに満ちていた。

松久功は、世界標準をもはや一歩超えた感。三本を量産し、会場から動きの度に歓声があがる。圧倒的に勝ち上がるも、準決勝でギリシャに敗退。しかし、空手モンスターは空手アーティストとして、世界に認知された。

藤元経太は、初戦を8-0で勝利。調子の良さを伺わせるも微妙な判定と地元の大声援に苦戦。三位決定戦では、誤審と思われる不可解判定に涙をのんだ。しかし、気合十分の組手は台湾人の心を捉え、会場からは日本コールが!会場を埋め尽くした観客に感動を与えた。

若林春日はヨーロッパチャンピオン、世界チャンピオンに苦戦。予選敗退となった。

20090727-2009_07_26_001.jpg

大会の詳細は8/23発売のJKFanワールドゲームズ、インターハイ、全少!
特別増ページ!大会特集スペシャル号にて!

大会結果はこちらでもご覧いただけます。
特定非営利活動法人 日本ワールドゲームズ協会

スポンサーリンク