第15回全日本障がい者空手道競技大会が開催

9月28日(土)、第15回全日本障がい者空手道競技大会が、22都道府県から108名の選手が参加し、東京武道館で開催されました。

大会会長挨拶で(公財)全日本空手道連盟の笹川堯会長は、「人間は持てる力を発揮しないのがいちばんよくありません。障がいがあっても、空手道を一生懸命頑張っているその姿に感謝の意を表します。希望をもって継続すれば、持てる以上の力を発揮することができるのです」と選手を激励しました。

障がい者空手を牽引する実力伯仲の男子形第1部-1-4,5では、田中俊佑選手(東京)が優勝しました。
女子形第2部-6-4,5の 田中そら選手(大阪)は5連覇を達成。組手でも優勝し、2冠を飾りました。

JKFan12月号(10月23日発売)でご紹介します。


基本錬成


男子形第1部-1-4,5優勝の田中俊佑選手(東京)


男子形第1部-1-4,5準優勝の深津修一選手(群馬)


女子形第1部-3-5優勝の加藤咲子選手(大阪)


女子形第2部-6-4,5で5連覇達成の田中そら選手(大阪)


男子組手第1部-3-4,5決勝戦。優勝は佐藤弘章選手(右、福岡)


出場選手最多の兵庫県のみなさん