「第2回パンダ杯全国高等学校空手道形競技錬成大会」開催

11月23日(祝・月)、「第2回パンダ杯全国高等学校空手道形競技錬成大会」(主催:近畿高等学校体育連盟空手道専門部、後援:公益財団法人全国高等学校体育連盟空手道専門部、主管:和歌山県高等学校空手道連盟空手道専門部、協賛:南紀白浜アドベンチャーワールド、JKFan他)が、和歌山県和歌山市の和歌山ビッグホエールにて行われました。

この大会は、例年年末年始に行われる桃太郎杯、信長杯、河北杯などの高体連の錬成大会が組手競技で行われており、形選手にとっては組手選手に比べて錬成の機会も少ないため形競技の錬成大会も開催して欲しいとの多数の要望から、近畿高体連空手道専門部が企画し、昨年第1回大会として開催に至ったものです。

今大会には、全国各地から53校が参加。競技は、8つのタタミで男女の個人形、団体形が行われ、得点制にて採点。久しぶりの全国規模の大会に選手達は生き生きとした形を見せていました。また、今回から今後の高体連空手道の発展を期して、育成の部として中学生も参加しました。

会場は、新型コロナウイルス感染防止対策として、登録選手の他は参加校の部活の生徒のみの入場、応援の保護者は人数制限をし、消毒やマスクの着用、観客席の座席指定、審判はフェイスシールドを着用するなど感染防止策を徹底して実施しました。

詳細は12月23日発売の「JKFan2021年2月号」に掲載します。

また全国高体連空手道専門部広報WebSiteより、大会の模様がYouTubeにて配信されました。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLCLXIFxGJd6Vonm-c0f2cF9Z7zTlrtIc9

大会結果は以下の通り。

第2回パンダ杯全国高等学校空手道形競技錬成大会
(2020年11月23日 和歌山ビッグホエール)

◆男子個人形[優勝]稲垣虎太郎(浪速)[準優勝]柴谷海(浪速)[第三位]大成輝波(大阪学芸)大槻瑛士(日本航空)[第五位]杉野鴻輝(世田谷学園)宮内鷹(大阪学芸)
◆女子個人形[優勝]佐藤亜美(筑紫女学園)[準優勝]福岡夢心(浪速)[第三位]井上七輝(夙川)菊池ひかる(大阪学芸)[第五位]片川優美(大阪学芸)中路陽沙未(済美)
◆男子団体形[優勝]大阪学芸(大阪)[準優勝]浪速(大阪)[第三位]世田谷学園A(東京)秀明八千代(千葉)[第五位]帝京(東京)日本航空(山梨)
◆女子団体形[優勝]大阪学芸(大阪)[準優勝]城南学園(大阪)[第三位]済美(岐阜)御殿場西(静岡)[第五位]浪速(大阪)日本航空(山梨)

◆中学生育成の部男子個人形[優勝]麦谷亮英(大阪学芸附属)[準優勝]生駒明日紀(有田川町立吉備)[第三位]田井滉泰(大阪学芸附属)奥村宗司(大阪学芸附属)[第五位]森煌虎(大阪学芸附属)松村颯天(宇治市立西宇治)
◆中学生育成の部女子個人形[優勝]永井天舞(安城市立安城北)[準優勝]古瀬智菜(吹田市立第六)[第三位]森絢愛(大阪学芸附属)矢野杏純(城南学園)[第五位]北村華桜里(城南学園)中谷光(浪速)

パンダ

男子個人形優勝:稲垣虎太郎(浪速)

女子個人形優勝:佐藤亜美(筑紫女学園)

男子団体形優勝:大阪学芸(大阪)

女子団体形優勝:大阪学芸(大阪)

団体形で男女アベック優勝の大阪学芸(マスクを外して撮影しています)

男子個人形優勝・準優勝、女子個人形準優勝、男子団体形準優勝の浪速(マスクを外して撮影しています)

中学生育成の部男子個人形優勝:麦谷亮英(大阪学芸附属)(マスクを外して撮影しています)

中学生育成の部女子個人形優勝:永井天舞(安城市立安城北)(マスクを外して撮影しています)