平成29年度流派別【基本・形】特別指導講習会(糸東流・松濤館流)を開催

3月17日より2日間、日本空手道会館において開催されている平成29年度流派別【基本・形】特別指導講習会。2日目の18日は糸東流と松濤館流を行いました。

松濤館流は199名、糸東流は61名が参加し、それぞれ4階大道場、2階中道場いっぱいの人数が汗を流しました。

午前は、基本「立ち方と運足、突き、蹴り、受け」について、流派の特徴について丁寧な説明がなされ、その後、全空連「基本形」(平安初段~五段)を再確認。午後には、第1指定形・第2指定形の講習が行われました。第1指定形においては、昨年2017年に改訂版が出された書籍・空手道形教範 第一指定形に基づき、講習が行われました。

講師
糸東流:村田寬 、岩田源三
松濤館流:阪梨學、加藤昇、在本幸司(講師補助)

スポンサーリンク