2014年の日本一が決定!第42回全日本空手道選手権大会

今年の空手道日本一を決める第42回全日本空手道選手権大会が、12月6日、7日に開催された。

注目の男子組手では、荒賀龍太郎が3年ぶり3度目の優勝を果たした。準決勝では同門の谷竜一を下し、決勝では近藤大地に4−0で勝利した。
また女子組手は染谷香予が2連覇、男子形は喜友名諒が3連覇、女子形は清水希容が2連覇をそれぞれ達成した。

結果詳細は12月23日発売のJKFan2月号で掲載予定。

第42回全日本空手道選手権大会
(2014年12月6日、7日 日本武道館、東京武道館)

《組手》
◆男子個人戦[優勝]荒賀龍太郎(京都府)[準優勝]近藤大地(兵庫県)[第三位]谷 竜一(実業団)/国吉真太郎(沖縄県)
◆女子個人戦[優勝]染谷香予(前年度優勝)[準優勝]植草 歩(学生連盟)[第三位]小林実希(東京都)東 世菜(長崎県)
◆男子団体戦[優勝]京都府[準優勝]東京都[第三位]大阪府/兵庫県
◆女子団体戦[優勝]千葉県[準優勝]東京都[第三位]岐阜県/茨城県

《形》
◆男子個人戦[優勝]喜友名諒(前年度優勝)[準優勝]新馬場一世(実業団)[第三位]杉野拓海(全空連推薦)/大木 格(全空連推薦)
◆女子個人戦[優勝]清水希容(前年度優勝)[準優勝]梶川凜美(全空連推薦)[第三位]時岡由佳(実業団)/柏岡鈴香(近畿地区)

2014_12_07_001
男子個人組手優勝・荒賀龍太郎

2014_12_07_002
個人種目の優勝選手。左から清水希容、喜友名 諒、染谷香予、荒賀龍太郎

2014_12_07_003
会場には大勢の観客が詰めかけた