第10回世界学生大会 男子団体組手世界一!

8月10〜13日にかけて、ポルトガルで第10回FISU世界大学空手道選手権大会が開催された。

日本選手団は、男子団体形・組手のW優勝を含む、金5、銀2、銅2を獲得。金メダル獲得個数は参加国中最多、メダル獲得1位に輝いた。特に男子団体組手は、フランスやエジプトといった強豪国を下して勝ち上がり、決勝ではスペインに船橋、石濱、西村の近大トリオ3人が勝利して中堅戦までに勝利を決めた。

なお、次回の世界学生大会は2018年に日本・神戸の開催が決まっている。

<日本選手団の結果>
◆女子個人形:田中美佐稀(山梨学院大学4年) 金メダル
◆男子個人形:久保弘樹(京都産業大学4年) 金メダル

◆男子団体形:帝京大学(西原啓太・本一将・本龍二) 金メダル
◆女子組手-50kg:宮原美穂(帝京大学2年) 銀メダル
◆女子組手-55kg:山田沙羅(大正大学4年) 7位
◆女子組手-61kg:森口彩美(帝京大学3年) 銅メダル
◆女子組手-68kg:鈴木眞弥(帝京大学3年)銅メダル
◆女子組手+68kg:川村菜摘(帝京大学4年) 金メダル

◆男子組手-60kg:大西英輝(京都産業大学4年) 7位

◆男子組手-67kg:船橋真道(近畿大学3年) 5位

◆男子組手-75kg:西村 拳(近畿大学3年) 銀メダル
◆男子組手-84kg:釜口幸樹(京都産業大学2年) 2回戦

◆男子組手 +84kg:石濱直鴻(近畿大学3年)5位
◆女子団体組手 9位
◆男子団体組手 金メダル

写真
メダル獲得世界一に輝いた日本チーム

写真
男子団体組手、優勝の日本

写真
次回2018年大会は日本の神戸で開催。閉会式にて、古川一彦・全日本学連理事長にFISUの団旗が手渡された