故 久冨登喜雄名誉会長追悼大会、第54回糸東会全国大会が開催!

全日本空手道連盟糸東会の全国大会、「故 久冨登喜雄名誉会長追悼大会 第54回空手道糸東会全国選手権大会」が8月23日(土曜日)・24日(日曜日)に東京武道館にて開催された。

今大会は、昨年8月にご逝去された久冨登喜雄名誉会長の追悼大会として開催。
久冨登先生は、糸東会はもちろん空手道界に多大な功績を残されたのはもちろんのこと、地元福岡でも教鞭をとられており、久冨登先生が生前空手道部を創設・指導されていた久留米商業高等学校から青木壮優さん、高木千夏さんが選ばれ、選手宣誓を行なった。

各都道府県の予選を勝ち抜いた選手、役員等を含め2,000人を超える参加者のもと、計49種目が盛大に行なわれ各コート熱戦が繰り広げられた。形種目では、一般男子は大木格、一般女子は矢野彩(ともに山梨県)が堂々の優勝。一般男子団体戦では、大阪対決となり大阪Aが勝利を決めた。最後に行なわれた大学男子組手は、東洋大学が優勝。全種目が終了すると、会場からは温かい拍手が送られていた。

なお、大会結果、詳細は9月23日発売のJKFan11月号に掲載予定。

写真
一般男子団体、優勝・準優勝の大阪府。おめでとうございます!

写真
団体演武も披露してくれた山梨県。迫力の演武、ありがとうございました!

写真
元気いっぱい!笑顔が素敵な栃木県のみなさん

写真
東京の蒸し暑さは厳しかったのではないでしょうか…?北海道チーム