【JKF情報】令和2年度 公益財団法人全日本空手道連盟 公認六段位審査会

10月10日(土)、日本空手道会館にて『令和2年度公益財団法人全日本空手道連盟公認六段位審査会』が開催されました。この審査会は、5月に開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大のために延期となったものです。

六段位審査には47名が受審。受審者の資格基準は、公認五段取得5年以上(2015年11月9日以前取得者)満34歳以上となっています。
審査は、筆記試験と形実技(指定形一つ・得意形一つ)と組手実技(自由組手1試合)を実施。毎回、組手審査は2試合を実施しますが、新型コロナウイルス感染防止の観点から、今年度は組手は1試合となりました。

審査結果は後日、書面にて個人と所属団体に通知されます。

明日は、11日(日)は『公認七段位審査会』が開催されます。

次回は11月14日(土)に『公認六段位審査会』、15日(日)に『公認七段位・八段位審査会』が、大阪府立体育会館で開催される予定です。

形審査

開始式で受審者を激励する笹川堯・全空連会長

佐久本嗣男・審査長の挨拶

開始式

形審査

組手審査