4月号(2月22日発売)の「強豪道場の練習メニュー探求」は、剛柔流空手道 長崎道場(埼玉県)です。

好評連載中の特集「強豪道場の練習メニュー探求」。2月発売の4月号は、2011年に埼玉県川越市に創設した全日本空手道剛柔会 剛柔流空手道 長崎道場(長崎勝館長)です。

長崎道場は道場創立以来、道場生の身体の育成と心の成長の両方を目的とし、競技面では道場生それぞれの目指すところとレベルに合わせ、一つは空手を楽しむ一般クラスと、もう一つは勝つために厳しい指導を行う強化選手クラスに分けて指導しています。その結果、道場生の目標が明確になり、競技での成績も上昇。

近年は所属会派の大会はもとより、全少や全中、全中選抜などの全国大会でも活躍し、強化選手クラスからは一昨年の全空連ジュニアナショナルチームに合格した杉田菫(彩の国杯第11回全国中学生空手道選抜大会1年女子組手準優勝・日本航空高校2年)など、多数の競技実績をあげ、地元埼玉をはじめ関東地方などの強豪高校に進んでいます。

また、長崎道場では昨年5月末に開設された「空手キッズオンラインサロン(https://lounge.dmm.com/detail/2671/)」にも加わり、全国の強豪道場とZOOMを利用してオンライン練習を行っています。

今回は、長崎先生にトレーナー直伝の空手で重要な股関節の可動域を広げるトレーニング、組手では日々実践している正面から行わない多角的な攻撃の練習メニューなどを中心に紹介してもらいました。

詳細は、2月22日発売の4月号で掲載いたします。ご期待ください。

長崎勝館長

取材には強化選手クラスの皆さんに協力頂きました。(撮影時はマスクを外してもらいました)