全日本学生空手道選手権が2年ぶりに開催

7月4日(日)、大学生個人日本一を決める第65回全日本学生空手道選手権大会が、兵庫県姫路市のヴィクトリーナ・ウインク体育館(姫路市立中央体育館)にて開催されました。

昨年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となったこの大会。今回は、姫路市などの協力のもと、感染防止対策を万全にして、開催の運びとなりました。また、現下のコロナ禍での大会開催に際し、無観客試合となりましたが、全日本学生空手道連盟より学生諸君の雄姿を伝えたいとの思いから、YouTubeでのライブ配信が行われました。

男子個人組手は、昨年の全日本選手権王者の崎山優成(近畿大学工学部4年)が優勝し、近畿大学工学部の学生としては初の全日本学生優勝となりました。
女子個人組手も昨年の全日本選手権女王の澤江優月(帝京大学3年)が、一昨年の前回大会に続いて2連覇。

男子個人形は舟田葵(帝京大学2年)、女子個人形は石橋咲織(帝京大学4年)が優勝し、帝京大学が前回大会に続き2冠に輝きました。

第65回全日本学生空手道選手権大会
(2021年7月4日 ヴィクトリーナ・ウインク体育館(姫路市立中央体育館))

《組手》
◆男子個人[優勝]崎山優成(近畿大学工学部4年)[準優勝]嶋田力斗(京都産業大学4年)[第三位]山本匡悟(帝京大学4年)/崎山慶成(近畿大学工学部2年)[第五位]荒木弘貴(京都産業大学3年)/鈴木晃成(帝京大学3年)/内野翔太(帝京大学2年)/山口健太(日本体育大学4年)
◆女子個人[優勝]澤江優月(帝京大学3年)[準優勝]小堂利奈(京都産業大学1年)[第三位]坂地心(京都産業大学2年)/米盛希々子(駒澤大学1年)[第五位]岡﨑愛佳(近畿大学2年)/野口暖日(近畿大学3年)/谷沢純香(帝京大学4年)/藤田るり(近畿大学2年)

《形》
◆男子個人[優勝]舟田葵(帝京大学2年)[準優勝]菊地凌之輔(帝京大学4年)[第三位]大畠虎太郎(近畿大学工学部4年)/岡本拳(帝京大学3年)
◆女子個人[優勝]石橋咲織(帝京大学4年)[準優勝]山田和花(慶應義塾大学1年)[第三位]宇都宮優佳(九州産業大学2年)/三澤可奈(帝京大学3年)

男子個人組手優勝:崎山優成(近畿大学工学部4年)

女子個人組手優勝:澤江優月(帝京大学3年)

男子個人形優勝:舟田葵(帝京大学2年)

女子個人形優勝:石橋咲織(帝京大学4年)

近畿大学工学部の皆さん

胴上げされた近畿大学工学部空手道部の松元和昭監督

帝京大学の皆さん

胴上げされた帝京大学空手道部の香川政夫監督

京都産業大学の皆さん